体験レポート

2019/06/17

08 瞑想×動く瞑想(ヨガ)

6月9日、富士宮市上柚野妙泉寺にて『瞑想×動く瞑想(ヨガ)』が開催されました。

妙泉寺住職、川手正順上人とヨガ講師の遠藤由香利さんのコラボレーションプログラムです!

 

前半は瞑想です。


川手上人がお題を出しながら静かな時間を過ごしました。


「 鼻 → 耳 → 目 → 触覚 → 舌 」五感で自然を感じていきます。

 

 

 

『鼻』は自然の香りや本堂の木の香り。

 

『耳』は川の音、鳥の鳴き声、雨の音。
 

『目』は天井の木の模様。
 

『触覚』は畳の感触や温かさ。
 

『舌』はユズの飴を舐めたり噛んだりして味の違いを堪能しました。

 

普段の日常では何気なく過ごしていることも1つ1つ丁寧に感じることにより五感が研ぎ澄まされる。

そして日常の忙しさを忘れさせてくれるような時間を私も過ごすことができました。

 

そして落ち着いた心で川手上人の法話、ご縁の大切さ、ご縁があってこのプログラムができたことへの感動をお話し下さいました。

 

  

 

なぜ良くないことが起こるか、それは仏になるための修行をするためです。

ですから、悪いことがあっても良いことに繋げていくことが大切。

参加者の皆様からも、乗り越えてきた辛い経験をたくさん聞きました。


私自身もたくさん失敗を乗り越えてきたからこそ今の自分がいると思いますので、皆様の経験談はものすごく有難いものでした!

 


後半はヨガ講師の遠藤由香利さんの動く瞑想です。


「身体の内側の今ここにを見つめて欲しい」、

「自分の身体の今を理解して欲しい」

遠藤さんは、常にこの想いを持ち、ヨガの講師をしているそうです。

 

  

 

私は、ものすごく身体が硬いので何度も悲鳴をあげました。

 

身体の柔らかい人から硬い人までそれぞれに合ったやり方、1人1人のことを考えて出来る範囲で身体を動かしました。

 

身体は夜になると重力で縮むと言われてますが、遠藤先生はヨガを始めて身長が2センチほど伸びたみたいです。

 

最後はマットの上で仰向けになり目を閉じて、至福のひと時を過ごし、プログラムが終了しました。

 

 

 

ヨガの後は、川手上人が入れてくれるお茶を飲みながら、全員で感想や悩み事を話す、とても温かい時間となりました。


日常に疲れた、ゆっくり過ごしたいと思う方は是非このプログラムはオススメです!

 

私自身も頭の切り替えができて有難い時間を過ごすことができました。

 

次回は『6月16日』の日曜日です。


ヨガを経験したことなくても、とても楽しむことができます。


新しい自分を見つけることが出来る場所ですので是非ご参加ください。

トップへ戻るボタン