スタッフブログ

2019/12/16

【プラステラスフジヤマ2020 造成ワークショップ富士】

いよいよ2020年4月の開催に向けて動き出したプラステラスフジヤマ!

12月4日、富士市妙祥寺で行われた造成ワークショップ。前回のプラステラスでご協力いただいたプログラム実施者だけでなく、SNSでの告知を見てくださって当日飛び込みでご参加いただいた方々と実りある時間を共有しました。

始めに望月康寿プラステラスフジヤマ副委員長より初めて参加する方々に概要説明と前年度の成果報告。

プログラム実施率は100%
参加者総数は623人

満足度94.4%
取り上げいただいた広告換算費は1700万円
の予想以上の反響と成果に前回参加者から喜びの声が

その後 川手正順ファシリテーターによるプログラム造成ワークショップが開催されました。

川手さんの用意した自己紹介カードを皆で一枚ずつ引いてご挨拶。
「好きな給食はソフト麺!」「みうらじゅんさんメチャクチャ良いですよ」と、それぞれの意外性のある自己紹介に会場の空気がだんだん柔らかくなりました。

ワークショップの意義は新たなアイディアを開くきっかけだけでなく、自分の気付かずに持っているアイディアを自己整理できる事。

「おもしろそう!」「よし、やってみよう!」「これならやれそうだ!」と、プログラム終了後に主体的に共通点のあるパートナーを探したり、共感したり、互いに教えられたりします。

この日も沢山のアイディアが生まれました。


プラステラスフジヤマ2020は来年4月~5月にかけて開催されます。

 

 

プラステラスフジヤマ事務局 天田真寛

 

トップへ戻るボタン