体験レポート

2019/07/12

30 香薫る寺巡り~名刹で戴く茶懐石 体験レポート

 

 

プラステラスフジヤマのプログラム

香薫る寺巡り~名刹で戴く茶懐石が開催されました。

 

 

今回のこのプログラムは歴史ある日蓮宗大本山「富士山法華本門寺根源」様のご協力を戴き実現致しました。

 

当日は雨でしたが、仁王門からの境内の厳かな雰囲気に初めてお参りする参詣者の皆様は本門寺の空気を体感していました。

 

 

 

竹林や杉の巨木に囲まれた圧倒的な雰囲気に歴史を感じます。

 

 

また立派な紫陽花が見頃で6月の開催ならではの楽しみもありました。

 

まずは本堂にて御開帳。

普段経験する法要とは少し違う、北山本門寺独特の法要を旭日重貫首様のもと執り行い参加者1人1人のお名前を丁寧に読み上げて戴き厳粛な雰囲気を肌で感じました。

 

法要後、北山本門寺の由来(縁起)を主事 土橋淳一上人よりお話いただき、皆さんに理解を深めていただきました。

 

昼食は、このプログラムの楽しみの一つである懐石料理。

この日の為に準備して戴いたのは富士宮野中の割烹旅館「富士見荘」様の点心です。

 

 

茶道の祖、千利休の教えに、…夏は涼しく冬は暖かに、花は野にあるように…心せよ。との言葉があります。

出来立ての旬の地のものを一つ一つ丁寧に盛り込んでいただいた品はそれぞれにテーマがありました。

 

 

初夏の訪れを一足先に感じる松露をお抹茶と一緒に参加者の皆さんに振舞わせていただき自然と和やかに楽しまれていた事は良い思い出になりました。

 

 

昼食後、境内にて諸堂のご案内を戴く予定でしたが雨が強くなった為、

室内にて北山本門寺の歴史・逸話・今現在の諸堂の案内などのご説明を土橋上人よりお話くださいました。

興味深い沿革と武田家や徳川家との関係、鉄砲避けの御曼荼羅のエピソードなど楽しい説明とお話に参加者の方々は聴き入っておられました。

 

 

 

 

 

雨音が聞こえる中、香の薫りと共に

参加者の皆様と北山本門寺の皆様とのご縁に感謝の気持ちを持って参詣。

 

ご多忙の中、暖かくお迎えくださいました旭日重猊下、鈴木執事長様、土橋上人、朝川上人、辰巳上人、山務職員の皆様…

 

メニューの発案から美味しいお料理の提供をくださいました富士見荘の安田ご夫妻様…

 

運搬から参加者の介添までいただきました

沼津妙蓮寺の加藤上人とプラステラスフジヤマ有志の会の皆様にも大変お世話になり、1人1人とのご縁のおかげで無事終えました事を感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻るボタン