体験レポート

2019/06/29

07 親子で大きなゾウを折ろう!体験レポート

6月29日、富士市實圓寺にて体験プログラム「親子で大きなゾウを折ろう!」の2回目が開催されました。

 

 

講師は前回と同じく折り紙アーティストの寺尾洋子さん、そして池田篤さん、富士市本蔵寺副住職・丸茂湛裕上人がお手伝いくださいました!

 

 

7組10名の方が参加し、親子で協力して1m四方の大きな折り紙でゾウを作っていきます。

今回は私も小さな折り紙を使って、参加者のみなさんと一緒にチャレンジしてみました❕

 

 

折り始めると、小さな子どもたちは「ゾウさんは~?✨」と待ちきれない様子。

 

 

 

 

はやる気持ちを押さえつつ、みんなで協力して大きな紙に折り目を付けていきます。

 

 

 

 

先生が丁寧に折り方を教えてくださいます。

 

 

 

 

 

長丁場なので一休み。

ソファーがあるとほっとしますね。

 

 

 

 

立体になるにつれだんだん複雑になってきます。

みな真剣に先生の話を聞きます。

 

 

  

 

 

  

 

 

  

 

ついに完成!

ウォーミングアップに折ったツルを大きな背中に乗せてご満悦。

 

 

 

 

私が折っていたゾウも無事完成しました(*´▽`*)✨

 

 

 

 

 

 

 

 

今回私は「親子で大きなゾウを折ろう!」と「アート折り紙を折りましょう!」の両方に参加することができました。

 

 

山折りと谷折りしかないのに、折るたびにどんどん形を変え立体になっていくのはとても不思議な感覚がします。

 

そして、ああでもないこうでもないと試行錯誤を繰り返して、正解の折り方にたどり着けたときの達成感は何とも言えないもので、次はもっと難しいものにチャレンジしてみたくなってきます。

 

この一か月ですっかり折り紙のトリコになってしまいました。

 

 

 

 

講師の寺尾先生は市内外で定期的に公開講座を開いているそうなので、ぜひチェックしてみてください!

トップへ戻るボタン