体験レポート

2019/06/26

24 吉原レトロビル探検隊

6/23、富士市吉原にある特徴的なレトロビルをツアーする

吉原レトロビル探検隊を、

午前10時と午後1時に行いました

(SAWADA BLDG)

吉原3丁目にあるSAWADA BLDGを集合場所とし

NPO法人東海道・吉原宿 代表理事の鈴木大介さんに、レトロビルのガイドをして頂きました。

 

元々、吉原に多く見られた築50年以上の廃ビルを、地元の若手の方々がリノベーションをしたのが始まりで

このSAWADA BLDGも昔は病院で、いつしか使われない廃ビルになってたところ…

内装工事を加え、4階建てのビルを1階2階を、イベントスペースとして

3階4階はシェアハウスという形でリノベーション!

屋上からは、天気が良ければ富士山を一望できる好スポット!

ここの屋上は、富士山に対し周りを遮る高いビルなどがなかったので、本当に素晴らしい景色で感動したのを覚えております。

この夏のオープンを目指し現在も工事中です!

 

 

 

2つ目のビルは、吉原2丁目のMARUICHI BLDG.1962

プラステラスフジヤマのプログラム、NO.22 PIZZA_CINEMAでも使わせてもらった、

ピザハウスBirdさんも入るこのビルは

1962年築の4階建てのビルで、かつては割烹旅館だったものの老朽化してしまったところを

2015年にリノベーション!

(写真は2階にお店を構えるBirdさん)

1階をレンタルスペース、2階をBirdさん、3,4階をクリエイターのシェアオフィスとして活用し始め

特徴的な空間デザインが際立つ、若者の人が多く立ち入れするビルとして生まれ変わりました!

実際中に入ってみると、リノベーションされた後も、当時の面影を残す部分が至る所にあり、

懐かしい気分になれるような空気も感じ取れました。

 

3つ目のビルはこちらも吉原2丁目にあるnakagawaビル

こちらは、築80数年(!)の歴史を持つビルで、1階はランジェリーショップしてお店を構えているのですが

2階に上がると、

そこには戦前はフルーツパーラーとしてお店をやっていた場所が、そのまま残っており、

このお店の上にレトロチックな空間があるなんてと予想外の場所でした。

 

最後に、同じ敷地内の裏にも、もう1つ中川ビルがあり、

現在全館使用されていない状態ではありますが、中に入ってみると…

昔はカラオケバーだったお店やメゾネットタイプの部屋が残っており、

まだまだ有効活用できそうな空間が多く残っておりました。

 

(猫がお出迎え)

 

 

今回4つのビルを回り、鈴木さんやお店の方とお話しさせて頂くと

人口が少なくなったこの吉原の地で、若い方が中心として古いビルをリノベーションすることで

吉原に住みたい!働きたい!という若い人を、どんどん増やして行きたいという考えがあるそうです。

 

プラステラスフジヤマ、プログラムNO.4、吉原祇園祭のトークショーでも、お聞きしたのですが

この吉原商店街を、若い方が伝統を守りつつ革新を続ける姿勢が、未来につながる地域貢献になるのではないなと感じました。

レトロビルのリノベーション、古いビルの形や内観をいじらずに新たな空間として再利用する、

まさに吉原の伝統と革新の魅力に取りつかれた筆者でした。

皆様も是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

(↑10時の回ご参加の皆様と)

 

 

(↑13時の回ご参加の皆様と)

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻るボタン